新・とんでも医学備忘録

かって、はてなダイアリーで書いていた「とんでも医学備忘録」の続編として復活させることにした。 ニセ科学のことを「トンデモ科学」と片仮名書きを冠することが多いが、このブログでは仮名書きの「とんでも」を冠している。これまでの常識では考えられないことではあるが、ニセ医学ではないという意である。

科学の真偽、事実と論証の組み合わせ

ニセ科学 
事実そのものがなくデタラメな論証
例、ホメオパシー、振動医学

誤謬科学  
事実はそれなりにあるが論証が間違っている、ニセ科学とは言わない
例、天動説、現代医学、鍼灸

真正科学  
事実があり論証が正しい
例、物理学、プレートテクトニクス、量子磁気医学

 

現代医学は天動説のように間違っている、だから、対症療法しかできず、副作用があり、不確実である。どの治療法によって治療するか、それは患者たちの選択である。患者たちが科学知識を持ち、真偽を判別する能力を持っている必要がある。治らなければ、ニセ医学に騙されるのも、誤謬医学に騙されるのも大差ない。厄介なのは誤謬医学にはある程度の有効性があるために判別は難しいことである。